2013年 12月 12日

山本佐久さん

NHKの「八重の桜」で風吹ジュンさんが八重の母親役を綺麗に老けて演じている。私より年下だがいい風合いの老女で、その昔アイドルだった女優さんが美しく歳を重ねていくのもいいなぁ~と思った。 で、前置きはここまで。タイトルの山本佐久じゃなく山本サクの話を語る。エッ?誰の事?・・・・。私の母方の祖母の名前だ。私が中学の頃癌で亡くなったが、思えばその年齢に達しているではないかブロ友の monmoegy さんとこで以前アイスクリン(アイスクリームの過去の呼称)の解説がありその言葉から鮮明に思い出したのが、お婆ちゃん山本サクさんなのだ。アイスの好きな私にアイスクリンを買ってくれた訳。アイスクリン=お婆ちゃんだった。パイナップルの缶詰も(当時は1ドル¥360で高級な果物だった)押入れの奥に隠して「もう要らないヨ」と云うまで食いしん坊の私に食べさせてくれた。ちなみに大人になってから嫌いな果物になった。一生分この時期に食べたのだろう。 このページをプレビューしたら消えた。022.gif やり直しだ・・・・これじゃぁ益々ブログ更新から遠のいてしまうぞ~~~。 写真のアップも何だか巧くいかない。 気を取り戻しここまで打ったが疲れた。 続きは明日。007.gif
[PR]

by kumykokona | 2013-12-12 15:47 | 思い出の入口


<< 山本サクの第二話。      出来ないヨ~~ >>