2014年 01月 23日

ミツバチから習ったこと。

c0233519_11311108.jpg
家にいてTVを観たり新聞を読んだりしても入ってこない情報。WEBだって自分が検索しなければ何も分からない。フェイスブックを始めて凄く良かったのが、自分で子育てのようにFBの内容を自分流に出来ることだ。
前回のパン屋さんだってFBしてなきゃ知らない事例で・・・・この関連で今回養蜂師「後藤純子氏」の講演に出席できた。

”ネオニコチノイド”と云う浸透性の農薬によって、蜜蜂が消えていく現実の状況を知った。
まず、DDTって年齢が高い人は知っているがこの殺虫剤は1971年に使用禁止になった。そして在庫はアフリカに流れた。(蜜蜂が姿を消す前にアフリカの話からする。) 昔の殺虫剤は水で一生懸命洗えば流せるものだったそうだ。ところが現在どの店に行っても売っている殺虫剤は、その物質が体内に入り込み生物は取り込んでしまう物らしい。(浸透性と呼ばれる所以)それを食べる人間も昆虫も(蜜蜂も)エライ影響を受けるのだ。

チョッと話を戻しアフリカの話を。
少しだけ昔、お腹の膨らんだ栄養失調の子供の写真、覚えている方が多いと思う。
そう、アジアで使用禁止になったDDTは大量アフリカへ。(アフリカは地球のゴミ箱と呼ぶやからがいる)あまりにも大量で、植物の受粉をする虫達が死滅して、飢餓が始まったのだ。
ここまで考えた事が無かった私。ハト派、タカ派じゃなくアホ派だった。

極端な経済は極端な人間をつくる。
次は何年かして今問題になりつつの、浸透性農薬も欧米からアジアから流れアフリカに行くのだろう。さて、母から呼び出しが・・・・蜜蜂まで話は続くので乞うご期待。

c0233519_15273150.jpg
一日たって続きを新しく更新するか迷ったが、話が飛ぶのでここに記する。
(寒くなるとどうも足の裏が調子悪くなるらしく、母の足の代役にと呼ばれるのだ。)
現在住んでいる場所は横浜の〇〇ニュータウンの近辺で、一応都会だが農家もポツリポツリと点在している。引越した時こんな田舎じゃ「蚊」や「ハエ」が大変だろうなぁ~と、頭の隅っこで考えていた。10人いて一番に蚊に刺される私だ、警戒していたが3回夏を過ごしたが思えば香取線香がいらないではないか。玄関ドアに虫除けをぶら下げただけで外気の出入りを自由にしていた。(今は寒いから閉めているが(笑))
アホ派の私、深く考えず蚊のいない事だけを単純に喜んでいた。

養蜂家の後藤純子さんのお話を聞かなければ一生アホ派で終わったであろう。
スーパーや八百屋で買う(近所の直売売所も)野菜・・・・・・大量生産のため(多く収穫するため)、早く採るため、農薬や化学肥料をそれこそ大量に撒いている。
すると、畑や田んぼに住んでいた虫達、草達が死滅するのは当たり前。
で、蚊がいないのだ。
恐いのはその撒かれるクスリが浸透性を持つネオニコチノイド系、フィプロニル、ピレスロイド、カーバメート系などの農薬なのだ。  打ちながらチンプンカンプンだ。
これらの農薬は光にあたると分解するので安全だと、謳われているらしい・・・・でも土の中や植物体内にあれば一部が分解されないではないか!
そして我らの口から体内へも蓄積される。家庭菜園や草木を育ててる方、虫がいなくなる本当の恐ろしさを(農薬や除草剤)知って考えて欲しい。

蜜蜂が消えている。
この農薬や殺虫剤、除草剤を作り売り使う人間が犯人なのだ。
蜜蜂は毒素排出(デトックス)機能を持たない。(人間の小さな子供も)
何故かは、植物は虫にかじられると虫が嫌う成分を出す。で、その虫に食べられなくしている。しかし蜜蜂は植物が望む ”受粉”をしてくれるとっても大切な虫なのだ。
クスリ塗れな植物に近付き全身に毒を浴びるのが蜜蜂の運命で・・・・その結果毒に神経をやられ帰り道が分からなくなったり、働き蜂が弱まり死滅するのだ。

と、勉強して少しだけ現実の見方が変わった。長い話最後までお付き合いありがとう!071.gif


[PR]

by kumykokona | 2014-01-23 16:34 | いのち


<< うわさ通りの「ちらし寿司」      本物はいいなぁ~♪♪ >>