ぐらんまさんの日々

kumykokona.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:心の居場所( 19 )


2014年 07月 02日

騒がしい日々

前回の6月28日「最近知った事の一つ(@。@)」に来たコメ欄の話を。


Commented by skuna@docomo.ne.jp at 2014-07-02 08:43 x
えっとこちらのブログすごいびっくりして…

なんだか自分のことを言い当てられてる気がするくらい、思わずブックマークしちゃいました!

共感もしたし、本当にウチの中で大切なことが書き込まれてるブログだと思ったんです。こんなにも素敵なブログを書く方ってどんなひとなんだろう?って思って

興味津々で初めて書き込みさせてもらいました!

なのでできれば直接お話ししたいと思って、名前の部分にウチの連絡を入れておいたのでよかったら連絡してくださいね。待っていますです!

※もし面倒ならこの書き込みも抹消しちゃって構わないので気にせずにお願いします。

いっぱいお話ししたいことだらけです!

全文を載せた。
たくさんの方に見てもらうため今回は知り合いのブログ巡りを真面目にしょうと思っている。
「おれおれ詐欺」もあの手この手とスチュエーションを変え迫ってきている。あるとき友人宅にTELが・・・・息子だと。その息子はたまたま二階に在宅。こんなのは直ぐにおかしいと分かるが。笑
ブログのコメ欄かぁ~~、新手なのか??

もう一つは近所の紛争。
c0233519_10433049.jpg
c0233519_10435935.jpg
c0233519_10444365.jpg
c0233519_10442372.jpg
何しろたくさんの「注意書き」がペタペタと広範囲に貼って(括りつけて)ある。この紙にはハエもカラスも集まらないが・・・・人間が集まっている。紙だって汚い。
この勝田団地はこの辺りで一番大きな団地だ。何処に住んでいるのか分かっているならト捕まえて、キチンと話したらいいのに。
鳥骨鶏は最近姿無しになってしまったが、野良さんを可愛がる責任は人間にある。餌やりは食べ終わるまで付き合い後片付けをして。
ちなみに猫は大好きだが、声かけだけで付き合っている私だ。

[PR]

by kumykokona | 2014-07-02 11:15 | 心の居場所
2014年 06月 19日

誕生日

c0233519_10561103.jpg
幾つになっても嬉しいのが「祝ってもらう誕生日」。
親友が渋谷のヒカリエで食事とプレゼントで愉しませてくれた。
それにしても凄~~い人出で何処も並ばないと先へ進めない。店員は幾らもらっているのか心配してしまうほどの忙しさ・・・・・ここを見ていると景気が戻ったかのように錯覚してしまう。笑
c0233519_10554963.jpg
当然のように並び、買い物後の喉潤しはここ「茶庭・然花抄院」和カフェで。写真はほうじ茶のアイスにカステラで爽やかな甘味にウットリしたわ。
c0233519_11172487.jpg
冷やしあずき汁粉。氷があずきの中では溶けないので何とも云えぬ食感だ。もっとサラリとした物を勝手にイメージしていたのでビックリ。
甘い物は薬物中毒と一緒で、嵌ると身体(脳みそが)が要求しだしドンドン深みに入って行くそうだ。で、抜けるのが難しくなり色んな病気と仲良くなってしまう、とか。特に砂糖は最悪な物質だそうだ032.gif・・・・・・・・
c0233519_10564733.jpg
今月も後半に入ってしまった。ブログの更新どうなることやら。
あっつ、もう一つ「薬膳料理」の講習会へ行ったけ。
c0233519_10573373.jpg
食の安全を優先する「生活クラブ」の定例講習と実施で結構美味しく楽しんだわ。自分が充分年寄りだと自覚させられたメンバーで、何でも教える側になっていたの。包丁一つの使い方すら分かってないお母さんや、魚の盛り付けの頭の方向を考えて焼くことも考えない人など・・・・・年寄りと一緒に暮らす大切さをチョッと感じたなぁ。
充分年寄りになりました。とさ。

[PR]

by kumykokona | 2014-06-19 11:45 | 心の居場所
2013年 09月 09日

週末の出来事

c0233519_9593536.jpg

オリンピックが2020年東京となった。
で、母は今87歳・・・・・・7年後は?????
本人は笑っていたが。私はまだ一応大丈夫そうな70歳台で迎える。
今回そういった先を思い知らされる現実を実感した。

うぅ~~ん、長生きは素晴らしい話だが、オリンピック開催で長生きがあるわけでもないし、トルコみたいにこれからの若者がたくさんの国もあるし・・・・・・・私は前回のオリンピックを知っている。母とバレーボール実況のNHKのアナウンサー話で盛り上がった。若い人の7年後と老人との時間のありようをここまでヒシと感じるとは・・・・

さて、親友が出演の和太鼓発表会があった。てんころ太鼓と云う船が左右に揺れる事を「てんころてんころする」から発祥の祭りから呼ばれるようになった太鼓で、かなり難しいらしく撮った写真は(全て本人が嫌がるので)能面のような表情で詰まらないから本日はアップ無し。
太鼓の合奏は叩くのが巧いより舞台の構成如何で決まるなぁ~、演出の才能がある先生に師事するべきだ、が今回の正直な感想だった。
舞台の後「打ち揚げ」はお決まりのナポリマニアへ。
ジーノが支店に行ってしまったのでテーブルサーヴィスが今一で・・・・料理の味ってウェーターの存在も大切だと認識した。
c0233519_104914100.jpg

いつもジーノと記念撮影だが、料理の味が最高なマリオと。
おまけに支店の一枚を。
c0233519_10591987.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-09-09 10:55 | 心の居場所
2013年 06月 26日

毎年訪ねる楽しい興津

c0233519_16125499.jpg

富士山が世界文化遺産になったからじゃないけど、毎年今頃パル一家を訪ね駿河湾に浮かぶ富士山に対面するのだが・・・・・今年は雲に隠れて対面できなかった。まことに残念。
カメラを手にあれもこれもと、ブログ用の写真撮っていた私は何処かに行ってしまったようで・・・・辛うじてある何枚かをアップ。
先日TVで「静岡おでん」の紹介があったが、在住の際一度も行ってなかった青葉横丁を覗いて来た。

c0233519_1633310.jpg

こういった小さなカウンターのお店が何軒も軒を連ねている。タバコ臭くない店(吸ってる人のいない店)を第一の設定で選び入った。静岡おでんとは食べなきゃ分からない独特な味なのだ。色は黒っぽく濃いが牛の筋肉がなんとも云えぬ風味を出していて旨い。
で、食べた、食べた、が写真が一枚も無い・・・・(リンクに行ってみてください)静岡の好きなところはどんなお店に行っても、日本茶が美味しい事かな。だから焼酎のお茶割りがまこと旨い。飲んだ、呑んだ、・・・パルママは一滴も飲めない。
c0233519_1651228.jpg

翌日はパパの提案で富士山の附録のように認定された三保の松原へ・・・海抜が低い地域で津波が来ると、それは恐い地区で地価もメチャ下がっている。うらぶれ、煤けた街だがこの登録で生き返るであろう。
c0233519_16595836.jpg

c0233519_1702285.jpg

観光バスが沢山来ていた。やめてしまった土産物屋もきっと再開するのかな?松だって薄汚いし荒れている。予算が付いて来年以降が見ごろになるだろう。トイレだってきっと清潔になるだろう。
c0233519_1792185.jpg

パル一家って知らない方は何だろう?外人じゃないよ愛犬の名前がパルで我が愛犬(ヨシュア)の友達だったのだ。で、今は二匹ともこの合同慰霊所で仲良くしている・・・はずだ。
残った人間は二匹のお陰で仲良くしている。
c0233519_17193350.jpg


付録
清水港でランチ
c0233519_17244553.jpg

c0233519_17254593.jpg

c0233519_17261617.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-06-26 17:32 | 心の居場所
2013年 04月 10日

入学式

c0233519_1655699.jpg

一番上の孫が中学生になった。
入学式で新入生の総代を務め、堂々と中学生になった喜びと目標とを発表した。006.gif
何気におとなしい子で、ムニャと人の後ろに隠れている様なところがあったが
変貌していた。
カチッと輪郭が出来一回りも二回りも大きくなり、しっかりした人格が正しく誕生していたのだ。
結果は思い通りにならなかった中学受験。しかし目標を自分で決めそれに全身全霊で励んだ受験勉強が彼女を大きくしたようだ。若い時の受験って本人が望むと凄く良いものになるのだと、改めて知った。
”ぐらんまさん”は嬉しい038.gif
そして、そしてもう一つ彼女を素晴らしい女性にしたのが来月一歳を迎える
ハンサムボーイの弟だ。
まぁ、ビックリするほど良く面倒を看る。責任と愛とで可愛がるから二人は大の仲良しだ。もしかしてママとどっちが一番なんだろうと思ってしまうほどで、この弟の存在も彼女の成長の糧になっているのだろう。
c0233519_16503011.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-04-10 16:52 | 心の居場所
2012年 12月 11日

沢山の知り合いが旅立ったなぁ。

c0233519_1331836.jpg

腰が痛い、重い。経皮沈痛消炎テープをベタベタと貼っている。
先週水曜に7ヶ月になった孫(ハンサムボーイ転じて朝青龍)を三時間ほどシッターした。ずっしりと重いけど可愛いのでチョコと、チョクとたくさん抱っこを。その夜は左腕、右の背中が張ってテープをペタペタ貼って寝た。

c0233519_13471527.jpg

三日後の土曜日に 「ガイドと共に都筑を歩こう」に参加して10キロ程テクテクしたが・・・・山道や階段、斜面が腰にズンズンと来て自分がこんなに重い重い身体だったのかと驚いたほどで。
で、この土・日曜日は ”蕎麦打ち”をした。(腰に追い討ちを・・・)
昔の生徒さん3名、新人2名に手ほどきを。

前回は去年の年末に、年越し蕎麦を打っただけ・・・・・・初日の日曜は何を自分がしてるのか、記憶と身体が相談してて一向に巧く旨いいい状態の蕎麦にはならなかった。唯一素晴らしかったのが新蕎麦の香りで抜群だぁ。
うまい!!
c0233519_1434157.jpg

月曜は新人の生徒さんが来るから、手ほどきが「初めの一歩」からなのでレクチャーを兼ねて2回程独りで、もくもくと蕎麦打ちを早朝にした。
c0233519_14101277.jpg

こういった何日間は、何時もボ~~トしてて歩く位が運動の私にビッシと鞭を入れてくれた様だ。
今日の腰?
う~ん、まぁ、いいけど・・・年と共に筋肉痛って後から追い駆けてくるから不安だわ。


芸能人が亡くなってTVニュースなどで知らされても涙なんか出ないが、今回は沢山泣いてしまった。
歌舞伎役者は片岡仁左衛門(孝夫)の大ファンだが・・・・
中村勘三郎さんは舞台で私を泣かせた唯一の役者さんで、生まれ持った卓越した才能は天からのプレゼントだと思っていた。
踊り良し、演技良し、人柄良しが舞台を征服していたのだ。色気は優しさと舞台で教えてくれた。
真に残念。
[PR]

by kumykokona | 2012-12-11 14:35 | 心の居場所
2012年 11月 12日

疲れた一週間。

c0233519_10254272.jpg

先週は疲れた~~~~。って事は通常毎日のんべんだらりの暇人生活で何もしてないからだと、改めて自覚したわけ。
無事、韓国の友人も帰国して・・・・・毎年ビザだか何だかよく分からない手続きで来日するのだが、日本が大好きなことだけはよく分かる。韓国では資格を取って(猛勉強してたっけ)不動産の取引をしている。彼女のネックはパソコン(笑)携帯も古~い機種を使っていて、パソコンが嫌いだと宣言している。私がアイホンを使っているのを見て「OOさんはネ~、昔から新しもん好きネ~~」と決め付けられてしまった。以前、韓国に遊びに行った時(楽天だったが)ブログのアドレスを教え、見方なども手ほどいたので病に倒れた際は心配してくれた。こういった便利さをもっと分かって欲しいのだが・・・・嫌いなものは難しいのか。
で、ほら太鼓の勉強をしている友人にも逢いたかったスンネ(お土産のキムチを渡したかった)の意向からまたも浅草へ行った。
じゃぁ、スカイツリーを見に行く?
「いったい何ですか?何とかツリーって?」が彼女の一声。知らないのは彼女だけと思いたいが、日本人がヒートアップしているスカイツリーはまだまだ韓国では ”あまり?”みたいで。浅草でその姿を見せると「初めてねぇ~、あんなの無かったネ~」と。去年も今頃来日したが日本人も騒いでなかったからか・・・・・
c0233519_11343671.jpg

そらまちタウンにも行ったが気が遠くなる程の人出で・・・・どこも並ぶ、並ばないと何も出来ないは相変わらず。急遽一般の昔からある寿司屋でランチを、これがまたもラッキーな味との遭遇で、安くて美味しい並ばないランチとなった。
デザートはタクシーで浅草に戻り ”豆かん”の梅むらで・・・・・スンネは初めてだったようだ。美味しさにビックリしていた。

c0233519_11563387.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-11-12 11:59 | 心の居場所
2012年 10月 18日

金木犀に誘われて

c0233519_16312598.jpg

この小さな十字架の集まった木犀が何故か今年は匂いが濃い。
うす暗い暁に漂う香りは、どこか異空間へと連れて行ってくれそうで彷徨う一日が始まる予兆なのかと悩まししい。

c0233519_16384283.jpg

毎月第二日曜は教会で「セル」と呼ぶ集会がある。
持ち寄りの手料理で数名が懇談をするのだが、私の所属は中国人、台湾人、韓国人、そして日本人の集まりだ。
そう、
竹島だ、尖閣だのと対する国の人々の集まりである。
集まって出来上がる花は、いったいどんな匂いがしているのか不思議な感覚に陥る。            子供の頃クリスチャンは変わった人で、何でも許してくれる優しくおとなしい人と勝手に思い込んでいた。(現実は普通の極普通の人だ) 大人になって、それもいい年になって心の整理を付ける為に一緒に戦ってくれる人がイエス様だと思い込み、ボチャンと洗礼の水に飛び込んだ。
あの世の入り口まで行ったが、光がどうなのなどと云った現象は無かったし・・・・・ただ、三度目の眼の手術の時はが何時もお目にかかっている吉山牧師の姿で手術台にいらしゃり不安な私に、安心を注入して下さった。
イエス様はドジな私をよくご存知だから、知らない外人が目の前に現れたら騒ぐと思われ、それと共に吉山牧師の祈りとの調和の成せる業だったのであろう。
ひとつ面白い話を。聖書を読んでいると「悪者」と「正しい人」と云う言い方が出てくる。
この「悪者」は神を信じない人を指し、「正しい人」は神を信じる人の事なのだ。

さて、あなたはどっち?
[PR]

by kumykokona | 2012-10-18 17:35 | 心の居場所
2012年 10月 05日

わからないなぁ~・・・

c0233519_117508.jpg

歩いて15分ぐらいの所に駅があって、日用品を揃えたスーパーや薬局、美容院などがある。
とある日、買い物を済ませ帰宅道での体験をひとつ。
この辺では有名・・・一応名門とされてるらしい幼稚園がある。親子4人がかたまって ”おしろい花”の種を採っていた。幼稚園の制服を着た女の子が、大きな声で両親に「この花何て言うの?」と質問を連呼している。で、父親はこの ”おしろい花”を
「つつじだよ。」と教え、母親も「そう、つつじ」と子供二人に言って聞かせている。
このタイミングの時に差し掛かった私。エッ?と思って父親の方を見てしまったのだ。
そこには今風の独特な若い親の ”シカト目線”がビビ~~と、私めがけて飛んで来た。
黙れなのか、お前には関係ねえだろうなのか、間違って教えている事は十分承知だよ。って事なのだろう。
見て見ぬ振りを、相手から強要されるといった不思議な体験をした。
知らないとか分からないとか、どうして正直に言えないのか・・・・暇人の私は気になってしまった。
この無責任さは一体何処からのものなのか?親が小さなわが子を虐待したり・・・すぐにキレてしまうとか。
この二人だけでなく、お迎えの親たちもわがもの顔で道を占拠しているし・・・・・どこが何が名門幼稚園なのか不思議なニュウタウンに住んでいる。

[PR]

by kumykokona | 2012-10-05 11:53 | 心の居場所
2012年 07月 08日

「せっかち」おじさんとの日・・・その2

c0233519_16562194.jpg

お金持ち静岡県が必死で作った、あの第二東名へチョコッと行った。
清水サービスエリアにはここを作った時の工事用の道から入れる。そう、第二東名を走ったわけではないのだ。パル宅から車で10分ぐらいで行ける。
c0233519_1713148.jpg

c0233519_1713596.jpg

ハリーポッターの魔法学校のトイレから、そうあの嘆きのマートルが出るトイレを真似たみたいなトイレはガラガラ。で、キレイ。
c0233519_1772363.jpg

メチャ旨い ”ただ”の水飲み場は次回は入れ物持参で汲んで土産にしたい。                本当に旨い水なのだ。  しかもただ。
c0233519_17141830.jpg

次はメチャ高くて絶句した「LON CAFE」午前中の早い時間だったからガラと空いたエリアだったが観光バスが一台、ジジ、ババを乗せて到着と共にズラ~リと並ぶではないか。
c0233519_17243991.jpg

パルママも前日からこのフレンチトーストの話を何度もしていた。フンフンと聞くだけで興味が無かった私だがママが食べたそうなので一つだけ注文し、女3名で突いて食べた。何かね~~。あんなに何故並ぶのか理解出来ない味だ。で、目が飛び出る値段。一番お安いので¥980-もするのだ。
c0233519_1738358.jpg


東名の次は日本三大七夕とやらで清水の駅会場へ。はぁ~、今年は”まるこ”大会だった。
c0233519_17411190.jpg

何時ものように日本一のわさび漬けと清水一の黒はんぺんを土産に買って
せっかちなパパに急かされながら盛り沢山の半日が終わった。
[PR]

by kumykokona | 2012-07-08 17:50 | 心の居場所