ぐらんまさんの日々

kumykokona.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:思い出の入口( 14 )


2014年 02月 03日

男友達・・・いや父か、先生か・・・

c0233519_10244195.jpg
この2月に入ると毎年恒例の「お誕生会」がある。
バレンタインがBirthdayの彼で昨年もこのブログにアップした。
あの日以来一年ぶりにお目にかかれると楽しみにしていた私だが・・・・・
仲間からグループLINEが、彼のお店(一炉庵)に買い物に行くとご長男のお嫁さんが彼の入院を知らせたそうだ。
お見舞いは丁重に断られ(お元気な様子は無く、そんなお姿を見せたくないご家族やご自身の気持ちは当然だ)誕生日にグループの一名が可愛い花を、病院でなくお店の方に届ける事になった。

寂しい。
俳句は基より、日本人の常識を教えて下さったお一人だ。
日本語、作法、お酒の飲み方、ETC。
母と同じ寅年でメチャ頭の賢い方なのに、今回の伝聞から「幻覚」という言葉が出てきた。ショックだ!投与されてる薬の惨さが垣間見られる。
今朝の散歩中・・・霧が立ちこめたせいか涙で歩くのが、いや、霧のせいじゃないもうお目にかかれない気がして胸が締め付けられ辛かったのだ・・・・・・
c0233519_10565867.jpg



[PR]

by kumykokona | 2014-02-03 10:59 | 思い出の入口
2013年 12月 14日

山本サクの第二話。

タイトル書いてカテゴリやらタグやらを選び本文へ。
一行打って写真アップを試みたが・・・・またも
 
全てが消えた。
あぁ、習いに行かねば文字のフォントも何やらで本文に入る前に
おかしくなりそう!このままで進めるがまたも半端な文になりそう!
気持ちが萎えると書こうと思っていたことがムニャムニャと何処かへ姿を消した。

現在の若い人や子供には自動改札しか知らない人も多いだろうが、私が子供の頃はキップに鋏(はさみ)を
入れてもらいホームへ。降りる時はそのキップを駅員さんに渡し改札を通ったのだ。
この山本サクさんは必ず駅員さんに深々と頭を下げ「ありがとうございます。」と挨拶をして改札を通過し
ていた。子供心にはほんの少し恥ずかしいと思ったが、今じゃバスの運転手さんに「ありがとう!」と
声を掛ける自分がいる。祖母の姿を見ていなければなかったであろう。
二人祖母がいたわけだが、田舎のドロボウ(唐草模様)柄風呂敷を背中のサクさんからの影響が
たくさん私の中に生きている。父方のお婆さんは男爵の娘で、そりゃぁ~凄い方のお嬢様たちと
歌舞伎だお茶だデパートに美容院 ETC・・・何にも思い出が無いわけではないが、私の中にある
浪費癖と血圧が高めはこの祖母からだと思う(大笑)
さあ、まだまだサクさん話はたくさん出てくるが又の機会に・・・・


[PR]

by kumykokona | 2013-12-14 11:22 | 思い出の入口
2013年 12月 12日

山本佐久さん

NHKの「八重の桜」で風吹ジュンさんが八重の母親役を綺麗に老けて演じている。私より年下だがいい風合いの老女で、その昔アイドルだった女優さんが美しく歳を重ねていくのもいいなぁ~と思った。 で、前置きはここまで。タイトルの山本佐久じゃなく山本サクの話を語る。エッ?誰の事?・・・・。私の母方の祖母の名前だ。私が中学の頃癌で亡くなったが、思えばその年齢に達しているではないかブロ友の monmoegy さんとこで以前アイスクリン(アイスクリームの過去の呼称)の解説がありその言葉から鮮明に思い出したのが、お婆ちゃん山本サクさんなのだ。アイスの好きな私にアイスクリンを買ってくれた訳。アイスクリン=お婆ちゃんだった。パイナップルの缶詰も(当時は1ドル¥360で高級な果物だった)押入れの奥に隠して「もう要らないヨ」と云うまで食いしん坊の私に食べさせてくれた。ちなみに大人になってから嫌いな果物になった。一生分この時期に食べたのだろう。 このページをプレビューしたら消えた。022.gif やり直しだ・・・・これじゃぁ益々ブログ更新から遠のいてしまうぞ~~~。 写真のアップも何だか巧くいかない。 気を取り戻しここまで打ったが疲れた。 続きは明日。007.gif
[PR]

by kumykokona | 2013-12-12 15:47 | 思い出の入口
2013年 12月 06日

出来ないヨ~~

分からない。更新出来ない007.gif
c0233519_14150255.jpg

どうも画像のアップが硬い頭には無理なようで・・・しばらく練習、いや実験しなきゃ駄目なようだ。困ったナァ~。
c0233519_14111382.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-12-06 14:30 | 思い出の入口
2013年 08月 24日

雛人形を捨てた。

六十うん年の「お雛様」を捨てた。・・・・・・・・・・・・・・
一度、死の淵まで行って戻った私は身軽になる事の必要性を感じている。
この世から消えたら、私の所有物は誰が片付けるか。残った人達は私を想い、私の物を考える。生きている時は宝物が分かるし自覚できる。愛でて愛おしみ大切にする。しかし所有者が亡くなったらそれらの物の処分の難しさ。
あまり考えず業者に頼んで処分が一番なのかなぁ~?!なら、自分で潮時を決めてもいいかなと。
物欲の塊だった私は引越のたびに、荷物の多さに呆れられていた。
着物類は箪笥二棹、その関係のお仕事をなさっている方に託してしまった。油絵やリトグラフは嫁にいったっけ。
焼き物も陶器類も・・・・・・
で、色々無くても充分楽しく日々が過ごせると、今頃知った私だ。

プレーヤーが無いのでレコードも捨てることにした。結構レアものがあるがサッパリする事にした。
自分で自分の足跡を処分できる自分に甘んじた。
何故ブログに発表したか。って?、悩んでいる方がその悩みに身動き出来ずにいるなんて間違いだよと、実感できたからだ。
まぁ、お金になるお宝が無いからお気楽なわたしなのだろう(笑)

c0233519_10475097.jpg

先日のカラスウリの実を発見。
[PR]

by kumykokona | 2013-08-24 10:50 | 思い出の入口
2013年 03月 23日

50年前の学友と

c0233519_10174929.jpg

この3月の始め頃高校時代のクラス会があった。前回は入院手術で出席できなかったが、今回は
六本木ヒルズクラブと云う事で行ってみたい場所(通常ふらりと中へは入れない会員制クラブだ)だったのでチャンスと思い出席した。
c0233519_10245496.jpg

担任の先生もご出席という話だったのに幹事は連絡し忘れたとやら・・・・・・それでも17名集まった。
昔から勝手魔の多いクラスで有名だったが50年経ってもやっぱり自己中心の輩(私が筆頭かも 笑 )の集団のようだ。当時仲良しだった人は名前が出てくるが、まるで駄目な私。相手の方はOOさんもう身体は大丈夫なの?や、今どこにいるの?何してる?と・・・・・聞かれても返答に困った私がそこには居たのだ。
昼酒は効く。
c0233519_10455286.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-03-23 10:48 | 思い出の入口
2013年 02月 14日

バレンタインに米寿を迎え

c0233519_20582440.jpg

お誕生会は幾つになっても嬉しいのでしょう。すごく喜んでくださった。良い歳をとるってこう云う事で、これって見習いたくても相手のある事。人徳のなせる業なんだと・・・・・・認識。
c0233519_2131062.jpg

会場は根津の駅前にあるビーフシチュウとcoffeで有名な
ゆうcafe
c0233519_2194836.jpg

静かな慶応ボーイの爺様だが人間の生き方を正しく教えてくれた人だ。俳句の会で出会い、頭のよい人、賢い奴、素敵な爺様でファンは多い。
日本男児の最後かも・・・・・いいか良くないかは別物として、平板な言い方で言うと晩年を「おめかけさん」と楽しんでいる。本人曰く家族は知らない、らしいが、本妻さんがボケで亡くなりあえて彼女と晩年を、長唄や俳句で楽しんでいるのだ。ひたすら静かに・・・・老年のツガイは素敵だ。一般人にはサラリとできる事じゃない。
キチンと本妻を看取りその後を彼女と楽しむ・・・・・綺麗だ。いやらしさが無い。
もし、自分の父であったら?
許すのか攻めるのか・・・・どうなのかな?

こういった男性が消える。いなくなる。正しく(?)女性を擁護して手を差し延べる。わけのわかった振りの不倫とは根本が違う。遊びじゃない人生をかけた男女なんだろう。
そう云いながら私はクリスチャンで・・・・・・・・・・・・・・

c0233519_2219291.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-02-14 00:00 | 思い出の入口
2012年 12月 16日

クリスマスと忘年会 Party

c0233519_1512998.jpg

その昔、インディバと云うスペインの電磁波エネルギーによる高周波温熱機器を使い、美顔や痩身、痛みの緩和などを施術する仕事を恵比寿ガーデン内でしていた。
その頃の弟子が、インディバ ラフィネ 15周年のクリスマス会を開催した。
都立大学駅傍のイタリア料理店を貸切って30数名が集まった。
c0233519_1513398.jpg

年齢、職業もさまざまで(男性も数人いらして)働く女性の美と活力をモロに味わった。ほら、最近は年寄りか赤ん坊の相手で・・・・何気に婆さんの仲間に引っ張られそうになっていたので、若い女性の悩みなんかが新鮮で胸に迫って来たわけ・・・・・・。

料理は真面目なシェフの人柄が滲み出ていて満腹至極だった。

さあ~、選挙どうなるのかな。凄い岐路に立ってる日本だもん心配だわ。朝散歩の時間を選挙に合わせて行ってきたよ。まだの方行ってね。
[PR]

by kumykokona | 2012-12-16 15:43 | 思い出の入口
2012年 07月 17日

心の洗濯日和

c0233519_111691.jpg

クリスチャンになる入口と道を創ってくれた友人、E子姉の十年目命日お墓参りに行ってきた。
前日は恒例、年4回「よんの会」俳句勉強会で(この事も後日書くつもり)千葉の友人タトマエさん宅に泊まったのだ。
簡単に説明しておきたい事がひとつ。この千葉の友人宅が定期的に行く私の歯科主治医で歯科医師S氏の後妻に親友タトマエさんがなり、今回のお墓参りはDr.S氏兄の前妻なのだ。つまり彼の二人の妻が私の友人で・・・今のこの夫婦を引き合わせたのが私、愛のキュウーピットなのだ(笑)
c0233519_11364057.jpg

悩んでこの写真をアップ。だって先生どっかの変なおっちゃん風なんだもの・・・こんなじゃなく腕は確かな歯科医師ですぞ。
c0233519_11411020.jpg

大きな声で賛美歌を斉唱。聖霊に包まれしばし神の愛を受けた。
まぁ~お天気女を返上したい程太陽燦燦で、風が強くなかったら熱中症につかまりそうで恐かったわ。
c0233519_11512293.jpg

ちょっと遅い昼食後 上野の森美術館 ブロ友aamoriさん作品が入選したので3名で鑑賞に繰り出した。作者名50音ごとで展示日が区切られていて丁度ピッタリな13日~17日で・・・Dr.S氏も長年長閑ないい絵を描く趣味作家なので、ハードなスケジュールだったが充分楽しい休日になった。
aamoriさんの作品はひときわ目を引く色使いと構図で、本名を知らなくとも見つけられるなぁ~と思った。(現実は教えてもらっていたが)
c0233519_1212572.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-07-17 12:16 | 思い出の入口
2012年 06月 02日

TOKYO SKYTREE

c0233519_11134935.jpg

3年ぐらい経ったら昇ってみようかなのスカイツリーに、一ヶ月も経たない昨日(6月1日)昇った。 仲良しパル家のパパが申し込みをし、当ったのだ。
で、パルママとタトマエさんと私の3名で大いに楽しんで来た。
パルママはJR東名高速バスで興津から東京駅にやって来た。タトマエさんは千葉の流山市、私は横浜市から合流。東京駅からは丸の内線で赤坂見附に出、半蔵門線に乗り換え、押上駅(スカイツリー前)へと。な、なんとこの押上ホームからメチャクチャな人、人、人で・・・・・・
TVで毎日混んでますョ~と叫んでいたが・・・まさか平日の昼間(11時前)に何処から湧いて出たのかしらの人。         新大久保も負けだネ。
我等の入場時間は1:00~1:30との指定だったのでその前に昼食をとTOKYO Soramachi ソラマチダイニング(31F)に直行。エレベーターも並ばなきゃ乗れない。
c0233519_11412922.jpg

c0233519_11433529.jpg

どの店も外の椅子に腰掛け並んでいる。客寄せのウェイトレスが「今なら窓際の席に座れます」と誘うので単純に中華銀座アスターのブラッスリーシノワ昴に入った。場代なのかどの店も「お高い」お値段だ。
c0233519_1152590.jpg

入場の手続きも40分ぐらい並んで・・・並ばないと何も出来ない。パルパパがこの入場チケットを(¥2500-)プレゼントしてくださった。パルママと仲良く遊んでおくれとメールがきていた。
c0233519_1202359.jpg

エレベーターでまずは350m天望デッキまで50秒で運ばれる。アッと云う間に別世界へ。
c0233519_128432.jpg

もっと上の天望回廊には天望シャトルとやらのEVにまたも¥1000-を出し昇る。(30秒かからない)     この人混みはガラス床に集まった人・人・人で全体にこんな感じの有様である。
c0233519_122550100.jpg

この作業をしているおじさん二人は外にいる。偶然見る事が出来た。
ガラス磨きの仕事なんだって。 恐いよね。
c0233519_12352834.jpg

ソラカラポイントは子供がたくさん座り込み中に入って体感出来なかった。あと、ゆらぁ~りと風の無い日なのに揺れて少し目が回ったわ。
c0233519_12384885.jpg

さて、まだまだ色んな事があったけど皆さんが行って楽しんでね。
我等は目的を達成し大満足な一日だった。
豆かんも食べたよ。イタメシのナポリ・マニアにも行ったし・・・・・大喜びのパルママ、タトマエさん。
しかし・・・・疲れたぁ~~。

[PR]

by kumykokona | 2012-06-02 12:52 | 思い出の入口