ぐらんまさんの日々

kumykokona.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:悲しい痛さ( 4 )


2013年 03月 16日

こんな現実を直視して。

c0233519_95955100.jpg

夕方のまだ薄明るい時から、二羽の寝んねが始まる。仲良くくっ付いて雨の日も寒い夜も、今のところ元気だ。

先月、恐ろしい牛の飼育動画を紹介した。  現実の事実なのに何故、大きく騒がれないのか?マスコミだってスポンサーあっての成り立ちで・・・・・か?
鶏や豚は?と、いった疑問に今日は一つの事実で答える。
面(マジ)あの動画から牛乳は買わなくなった。大好きなミルクティーを諦めたのだ。
で、今回は文字だからショックは少ないと思ったが、やっぱ辛い。
知らん顔は人間の恐ろしい心根なのだ。知ったからって明日から良くなるわけ無いが、何かのアクションのきっかけになれば良し。

現実をしっかり知ろうではないか。

大方、大きなスーパーで水より安い牛乳や、ファーストフードのチキンナゲットや、冷凍の鶏、など枚挙したら何も食べられなくなる。しかし自然に囲まれ生き物の命を大切に飼育している酪農家もキチンと存在している。
どこを選ぶかはその人の考え方だがいのちだけは大切にしたい。

面倒がらず最期まで読んでください。
[PR]

by kumykokona | 2013-03-16 10:41 | 悲しい痛さ
2012年 03月 09日

去年の今頃

c0233519_1021486.jpg

 ここに来て一年になる。3月10日が引越しで翌日が大震災だった。
初めての場所での大きな地震は「恐い」を通り越し、手も足も出せない立ち上がれない体験に震えあがった。去年の11日前後のブログをのぞくと雪の東京そして計画停電など     情報にゆれてる日本を垣間見て、一年の速さと進んでいない被災者の方々の生活に改めて打ちのめされた。(何度打ち直しても下線引かれ分からない状態だ)

c0233519_10305259.jpg

これでどうだろう。
れれ・・・やっぱ駄目だ。本日これまでで021.gif

直し方を教えて戴きました。たった一つの”>”これが犯人で・・・
[PR]

by kumykokona | 2012-03-09 10:37 | 悲しい痛さ
2012年 03月 07日

さあ、始めるヨ!(写真のエチュード)

c0233519_10253044.jpg

物を決まった範疇でしかみられなくなるって・・・歳とった証拠なのかしら。
あ~~でもない、こう~でもないと視点を変えたり、聴く耳をレーダーにして逆立ちして見直したりと努力を惜しまなかった  時がどこかへ行ってしまった・・・・・

c0233519_1046556.jpg

母の親友が老衰で亡くなった。
久しぶりに諦念のため息とも深呼吸ともいえぬ息をはきながら窓を見ていた。
母は「いつ死んでもいいよ。静かに死ねるのが一番。コロッとね。」と呪文のように云う。
神様を受け入れていない老人の淋しさなのだ。クリスチャンは神様のもとに行くのだから安心している。落ち着いていられるのだが・・・住んでいるライフケアにも何人かクリスチャンがいるようで「ほら、あの人あんたと同じアーメンだよ。」と、十字を切るポーズで説明してくれる。アーメンの意味を教えても「ふ~ん、そう。」でお仕舞い。クリスチャンを指す事としか認識してない。そう云う私はもっと母に神様の事を話すべきなのかもしれないが・・・信仰は他人から授かるものとは思ってないなぁ。

c0233519_11201512.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-03-07 11:24 | 悲しい痛さ
2012年 02月 18日

痛いよ~~。

c0233519_9551039.jpg


人生で初めての経験をした。
夕べ友人宅の飼い猫 ”クーちゃん”に思いっ切り噛まれた。
子供の頃犬には何度か噛まれたが猫に噛まれるとは・・・私の動物との範疇に無い出
来事だった。   で、夕べはほとんど痛くて眠れなかった。007.gif

椅子に座りパソコンを見ていたので、ニャ~~と寄ってきてスリスリする子に手を伸ばし
ナデナデしていた。その直後の事故だ。彼を見ずに手を延ばしていたので、噛まれる瞬間は目撃していない。だから手を引っ込めなかった。002.gif
左手の親指の付け根と手のひらのふっくらしている部分をシッカリ噛まれたのだ。
傷は歯の入り具合の6っ箇所だ。ほぼ20年ぐらいから知っている猫だ。まさか噛む子
だったとは・・・被害者は結構いるらしい。
悲しい。痛いからもっと悲しい。
と、云うことで本日これまで・・・
[PR]

by kumykokona | 2012-02-18 10:25 | 悲しい痛さ