<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

柚子切り蕎麦を打って。

道具を置いてある友人宅で、今年は柚子切り蕎麦を7年ぶりに打った。家の中が柚子の香りで充満し、それはそれは癒しのアロマみたいで全員ウットリ状態に突入。
c0233519_1783091.jpg

本来、蕎麦粉は御膳蕎麦粉を使い柚子の色と香りのみを楽しむものだが、喉越しのみの蕎麦に魅力を感じない私は挽きぐるみ粉で打った。で、この蕎麦は遊びにそばつゆでなく日本酒をタレ代わりに食べる楽しみ方がある。
さてさて、蕎麦打ちは
を使う・・・・・三回打っているうちに例の右足がメチャ痛くなってしまった。腰と繋がっているを実感してしまったわけで・・・・・来年は早々整形外科の療法士のもとに駆けつけるのかなぁ~~
[PR]

by kumykokona | 2012-12-31 17:28 | 美味しいもの
2012年 12月 22日

骨の大切さ。

夜中に右足の甲、それも親指と人差し指(足じゃ人指せないけど、人差し指でいいのかしら?)付け根から5cmぐらいの幅で痛みが起きた。
c0233519_9433181.jpg

痛みが起きれば当人の私も眠りから起きてしまうわけで。
キリリ、ズゥ~ン、キリって無視できない痛さに襲われたのだ。

その始まりが先週で、毎日では無い。でも痛い夜があるので思い切って整形外科の門を叩いたのだ。
「昼間は痛くないの?」    「はい。」
「毎晩じゃないのね」     「はい。」
「ここ痛い?」   「いいえ」
「ここはどう??」  「いいえ・・・」
「ここは????」   「痛くないです」

いったい、何処なんだと怒鳴られそうになったが。痛いとこじゃない場所を先生は触る。
「レントゲン撮りましょう」  「はい。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「足の骨に異常は無いなぁ~」 「そうですか・・・・」
「じゃあ立って右足一本で、次は左足だけで」
ヨタヨタしながらも必死で片足立ちをする。

「腰、痛くない??」
「ええ、痛くて経皮鎮痛消炎テープをよく貼ります。」
「じゃ、腰と背中、股関節のレントゲン撮りましょう。」
高校生の時だから50年近く前に ”ギックリ腰” を発症、一年間ぐらいコルセットをしていた。

「背中はまぁ、年齢を考えてもキレイな骨だね。だけど、腰骨三番はまぁOKで椎間板もあるが・・・四番、五番は滑り、棘が前後に鬼の爪のように出ているね~。」
c0233519_10144585.jpg

どうも、ピントが合わなくて変な写真を許してね。  因みに末期だ。

鬼の爪とはよく言ったもので、確かにおとろ恐ろしい突起物が沢山出ていた。
「おそらく、足の甲の中に危険の信号が出ているのでしょう。少し通って体操をしたり、改善対策をしましょう。」
年末なので来年から本格的にリハビリ兼治療を開始するみたいだ。
実は夕べも痛くなって1時間ぐらい寝られなかった021.gif
[PR]

by kumykokona | 2012-12-22 10:32 | 身体について
2012年 12月 16日

クリスマスと忘年会 Party

c0233519_1512998.jpg

その昔、インディバと云うスペインの電磁波エネルギーによる高周波温熱機器を使い、美顔や痩身、痛みの緩和などを施術する仕事を恵比寿ガーデン内でしていた。
その頃の弟子が、インディバ ラフィネ 15周年のクリスマス会を開催した。
都立大学駅傍のイタリア料理店を貸切って30数名が集まった。
c0233519_1513398.jpg

年齢、職業もさまざまで(男性も数人いらして)働く女性の美と活力をモロに味わった。ほら、最近は年寄りか赤ん坊の相手で・・・・何気に婆さんの仲間に引っ張られそうになっていたので、若い女性の悩みなんかが新鮮で胸に迫って来たわけ・・・・・・。

料理は真面目なシェフの人柄が滲み出ていて満腹至極だった。

さあ~、選挙どうなるのかな。凄い岐路に立ってる日本だもん心配だわ。朝散歩の時間を選挙に合わせて行ってきたよ。まだの方行ってね。
[PR]

by kumykokona | 2012-12-16 15:43 | 思い出の入口
2012年 12月 11日

沢山の知り合いが旅立ったなぁ。

c0233519_1331836.jpg

腰が痛い、重い。経皮沈痛消炎テープをベタベタと貼っている。
先週水曜に7ヶ月になった孫(ハンサムボーイ転じて朝青龍)を三時間ほどシッターした。ずっしりと重いけど可愛いのでチョコと、チョクとたくさん抱っこを。その夜は左腕、右の背中が張ってテープをペタペタ貼って寝た。

c0233519_13471527.jpg

三日後の土曜日に 「ガイドと共に都筑を歩こう」に参加して10キロ程テクテクしたが・・・・山道や階段、斜面が腰にズンズンと来て自分がこんなに重い重い身体だったのかと驚いたほどで。
で、この土・日曜日は ”蕎麦打ち”をした。(腰に追い討ちを・・・)
昔の生徒さん3名、新人2名に手ほどきを。

前回は去年の年末に、年越し蕎麦を打っただけ・・・・・・初日の日曜は何を自分がしてるのか、記憶と身体が相談してて一向に巧く旨いいい状態の蕎麦にはならなかった。唯一素晴らしかったのが新蕎麦の香りで抜群だぁ。
うまい!!
c0233519_1434157.jpg

月曜は新人の生徒さんが来るから、手ほどきが「初めの一歩」からなのでレクチャーを兼ねて2回程独りで、もくもくと蕎麦打ちを早朝にした。
c0233519_14101277.jpg

こういった何日間は、何時もボ~~トしてて歩く位が運動の私にビッシと鞭を入れてくれた様だ。
今日の腰?
う~ん、まぁ、いいけど・・・年と共に筋肉痛って後から追い駆けてくるから不安だわ。


芸能人が亡くなってTVニュースなどで知らされても涙なんか出ないが、今回は沢山泣いてしまった。
歌舞伎役者は片岡仁左衛門(孝夫)の大ファンだが・・・・
中村勘三郎さんは舞台で私を泣かせた唯一の役者さんで、生まれ持った卓越した才能は天からのプレゼントだと思っていた。
踊り良し、演技良し、人柄良しが舞台を征服していたのだ。色気は優しさと舞台で教えてくれた。
真に残念。
[PR]

by kumykokona | 2012-12-11 14:35 | 心の居場所