ぐらんまさんの日々

kumykokona.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

働く、チャッピのお友達

はぁ~~い060.gifチャッピです。
猫の手も借りたいと飼い主が・・・・・僕の手を・・・・・・
勝手に持ち出し困ったなぁ。
c0233519_10214850.jpg

さて、働く僕の仲間にその仕事を割り振っているボスがいます。
c0233519_10275100.jpg


いま、一番働いていて功労賞を受賞した二人の仕事を。
一番目は飼い主や駄目な人間の仕事をセッセとしてるワンちゃんだヨ。

c0233519_10313791.jpg

次は時代の先端、節電を飼い主と共に楽しんでいるんだ。アンカ犬だヨ。
c0233519_10344879.jpg

植木鉢に泊り込み、寒さから木を守ってるんだよ、毎晩。たまに昼寝もするけど・・・・
c0233519_1040355.jpg

この子は自分の餌代を稼げって飼い主に言われ・・・・・
みなさんも会うことがあったら10円用意してネ。10回なら90円にするそうです。

c0233519_10445027.jpg

働いて疲れたお友達をギュと抱きしめ癒す仕事もあるのさ。
c0233519_1048236.jpg


久しぶりに病に倒れた。夜中急に臍まわりから痛み出しトイレと仲良しに。一時間おきに寒いトイレへ。
朝になっても痛くて、脱水してはいけないのでぬるま湯を飲みそしてトイレへ。こんなに具合が悪い癖にお腹は減るのね・・・・・しかしほぼ20時間断食(最近流行のファスティングだね。)をした。もう直ったがお尻が下ろし金で擦られたような痛さには参った。今朝は通常の半量ぐらい食べて元気に散歩もした。パソコンも開いたわけ。
[PR]

by kumykokona | 2013-02-28 11:14 | 猫の事
2013年 02月 23日

知らなかった!!!!!!!

c0233519_1938145.jpg

いつものセリフになりつつだが・・・・・・・
「知らなかった!」
本当に知らなかったのだ。
知ろうとも考えることもしてなかった。
こんなに酷いとは・・・・・・
私の想像力では表す事実があまりにも酷すぎ、表す事が出来ない事実に直面。
恐がって怯え、嫌になっても事実なので最後まで観て欲しい。
http://youtu.be/BsEZhVo1x2M
牛乳・・・・好きです。でも・・・・もう買わない。007.gif
[PR]

by kumykokona | 2013-02-23 19:49 | いのち
2013年 02月 20日

「チャッピ」って、僕を呼んだ?

c0233519_1553252.jpg

「なぁ~~に???ぐらんまさん。・・・・そうかぁ、お友達の話をするって約束してたネ。たくさん、いるからなぁ~。悩むなぁ。じゃ、最近の事件を。」

★声出しちゃいけないョ。
                捕まったら大変だもん。

c0233519_16181.jpg

★あの子は逃げ遅れたのネ。
             バカな人間と一緒にいるから捕まったんだヨ。

c0233519_164362.jpg

★あいつらは飛んで逃げてる。
               賢い、賢いネ。

c0233519_1682445.jpg

★あぁ~~~、雪に足を捕られ、必死だネ。
               早く~!逃げて、逃げて!!

c0233519_16111427.jpg

★その体重でもって、階段から逃げるのは・・・・・
                           チョッとネ。

c0233519_16134913.jpg


次回は働き者の友達を紹介するね。じゃぁ!070.gif
[PR]

by kumykokona | 2013-02-20 16:21 | 鑑賞する事
2013年 02月 16日

緊急のお知らせ!?

また脱走していた。
去年このページで人気者だった孤高の鶏君またも脱走した。仲間なのか子分なのかを引き連れて二・三日大きな声で「コケッコ~~!」と吠えている。
c0233519_11451475.jpg

見した時は辺りが暗くなった夕方だったので、白い物が捨ててあるように見えた。近付くとニワトリではないか。
のびきって倒れているので、思いっきりビックリし(死骸かと思ったからだ)ガサゴソと音を立てながら側に行き覗いた。私の気配に「なぁ~に?」ってな感じで頭が動いた。でも眠いらしくそのまま倒れている。お休みを邪魔しちゃ悪いので、この日はそのまま別れた。気になる翌朝、散歩コースは違うがいそいそと例の場所に行ってみた。

c0233519_11593444.jpg

なんと二羽でウロウロしている。放浪癖を子分に教えているみたいで楽しい。
またしばらく自由を謳歌するのかしら?

突然いなくなったあの頃、出遭う人達の心配話が懐かしい。きっと今度は何時までいるのかしらが話題になるのだろう。
貴重な鳥骨鶏だ盗まれないように用心してね。鶏君。
c0233519_19562485.jpg

さっきの二羽。慣れた彼はもうグッスリ寝ていたが、初めての黒ちゃんは私の気配に目を開けた。
[PR]

by kumykokona | 2013-02-16 12:12 | 散歩
2013年 02月 14日

バレンタインに米寿を迎え

c0233519_20582440.jpg

お誕生会は幾つになっても嬉しいのでしょう。すごく喜んでくださった。良い歳をとるってこう云う事で、これって見習いたくても相手のある事。人徳のなせる業なんだと・・・・・・認識。
c0233519_2131062.jpg

会場は根津の駅前にあるビーフシチュウとcoffeで有名な
ゆうcafe
c0233519_2194836.jpg

静かな慶応ボーイの爺様だが人間の生き方を正しく教えてくれた人だ。俳句の会で出会い、頭のよい人、賢い奴、素敵な爺様でファンは多い。
日本男児の最後かも・・・・・いいか良くないかは別物として、平板な言い方で言うと晩年を「おめかけさん」と楽しんでいる。本人曰く家族は知らない、らしいが、本妻さんがボケで亡くなりあえて彼女と晩年を、長唄や俳句で楽しんでいるのだ。ひたすら静かに・・・・老年のツガイは素敵だ。一般人にはサラリとできる事じゃない。
キチンと本妻を看取りその後を彼女と楽しむ・・・・・綺麗だ。いやらしさが無い。
もし、自分の父であったら?
許すのか攻めるのか・・・・どうなのかな?

こういった男性が消える。いなくなる。正しく(?)女性を擁護して手を差し延べる。わけのわかった振りの不倫とは根本が違う。遊びじゃない人生をかけた男女なんだろう。
そう云いながら私はクリスチャンで・・・・・・・・・・・・・・

c0233519_2219291.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-02-14 00:00 | 思い出の入口
2013年 02月 09日

犬さんを楽しんで♪♪♪

今日は仲良しのお話をいくつかしますね。僕の名は「白チョッ黒」です。
c0233519_10204130.jpg


一番の仲良しはモデルのお仕事をしてます。
最近はお帽子が流行ってるって、言ってたヨ。

c0233519_10234763.jpg


この子は生まれて初めての雪に、恋しちゃったんだ。
c0233519_1026492.jpg


で、この子は飼い主さんお手製のぬいぐるみに恋しちゃってサ・・・・もう、病気みたいなんだ。
c0233519_10282339.jpg


こいつは子猫に好かれて、一日中スリスリばかりされていて・・・・怒っちゃいけないって困ってるらしい。
c0233519_10325469.jpg


虫の居所が悪い飼い主さんに、一日中叱られて
「いつまで怒っているのかなぁ?」・・・・・・・・・・・・・
c0233519_10372071.jpg

で、大事件が起きたんだ。
c0233519_10423983.jpg

はるかかなたに泳いで逃げ出しちゃったんだヨ。

犬族はカメラの前だと「いいお顔」してしまう。カメラの向うに人間がいるからで、猫のようにシビアな顔は撮れないみたいだ。
[PR]

by kumykokona | 2013-02-09 10:51
2013年 02月 04日

チョコレート♪

c0233519_19511628.jpg

バレンタイン用のチョコを、年末に知ったイタメシ屋D'OROへ買いに行った。週末、2月14日生まれの我が俳句の師匠、そして蕎麦打ちの我が弟子である爺さんの誕生会に持参するプレゼントだ。当年87歳。
イタメシと云ったらナポリマニアが日本一と思っている私。しかしこのD'OROも真面目な日本人が作るイタリア料理で、その真面目さが旨い。
c0233519_2061324.jpg

本日のランチの中に牡蠣と牛蒡、きのこをアンチョビとクリームでまとめたパスタがあった。旨い。ボリュウムがあったがひたすらパクパクと食べてしまった。ナポリマニアは生粋の江戸っ子的イタメシでこねくり回しが無い。ここD’OROは手の込んだ日本風イタメシかな。ドルチェの菓子は最高だ。
先週友人とナポリマニアのランチに行ったが相変わらず混み込みで並んでいる店だ。値段も安いからか・・・
DORO一回でナポリマニアは二回食べれる(笑)

c0233519_20185244.jpg

ナポリマニアのピッザだ。

海老蔵、いや団十郎さんまで亡くなった。
我が娘の七五三の際、目黒区にある大橋の氷川神社でこの家族と我が家族が偶然一緒にお祝いをしたのだ。
今、思えば煩いマスコミも来てなかったわ。神社の石段を上って行く目の前の女性の着物と帯が、中々良い柄いきで着物好きの私と姑は「おやぁ~~」と、顔を見合わせ、次の瞬間その隣にその頃「ういろう売り」を歌舞伎座で観たばかりの海老蔵がいるではないか・・・・大きな声は出せず、しかし七五三よりもミーハーな我らはファンの姿になっていた。息子(海老蔵)は五歳の祝いだったのだろう。

しかし最近神の携挙が確実に進んでいる。人間として正しい生き方をしている才のある方をどんどんご自分の元へ引き上げてしまって・・・・・
[PR]

by kumykokona | 2013-02-04 21:03 | 美味しいもの