ぐらんまさんの日々

kumykokona.exblog.jp
ブログトップ

タグ:嬉しいこと ( 41 ) タグの人気記事


2013年 12月 23日

クリスマス

                                                日本はクリスチャンが少ない。その割りにクリスマスが大好きな民族で街の中はクリスマスイルミネーションで多い尽くされている。クリスマス=サンタさんなんだと思う。 このクリスマスはイエスキリストがお生まれになった日。何のためにお生まれになったのかご存知の方が少ないのも日本で、浮かれ回っている街に少し寂しさを覚えた。 昨日は日曜日でクリスマス礼拝、新約聖書のルカの福音書(良い知らせ)のマリアの祈りの信仰に、神がご自分の息子を彼女に受胎させ人間の「罪」を取り除く術(すべ)を認識した。そう、悪魔に騙され罪を犯す人間のDNAはいつでも油断すると現れる。その罪を十字架の上でイエスが贖ってくださったのだ。そのためにお生まれになったイエスの誕生日がクリスマスなのだ。 さてプレビューを見てみたいがここで消えると二度と再起できなくなりそうで、訳のわからぬブログ更新を終了とする。
c0233519_11271041.jpg
何だか写真がどうしてもアップ出来ない。
娘の手作りケーキ、家族がサンタさんになっている。クリックしてみてね。

[PR]

by kumykokona | 2013-12-23 13:45 | クリスチャン
2013年 11月 28日

一生物が届いた(#^^*)

c0233519_14122338.jpg

当初は来年の2月頃我が家へ来るはずの鍋が昨日届いた。
バーミキュラ
町工場・・・・「こうば」ってステキな呼び名、いい響き。
日本の職人さんが生み出す技術が成し遂げた、無水鍋なのだ。
扱いに慣れるため、まずは火加減の勉強をした。何しろガスの中火と弱火そして極弱火が、この鍋の生きる道で・・・・・
ところが我が家はIHで中火や弱火など目視出来ないのだ。
さぁ~~どうしょう・・・・お湯を沸かして「蒸気の出方」で火の加減を確認しょう!と、説明書きにはあるが。・・・・・・・
結論よく分からなかった。

じゃぁ、何か作ろう。   で、家にある野菜総出でポトフを。ここで、ハタと困った。「大は小を兼ねる」感覚で22cmサイズにしたがかなり大きい。一人暮らしには大きすぎる。無水鍋として使うのには鍋一杯にしなければならないらしい。ベーコン、鶏のぶつ切りがあったので入れた。大根、里芋、玉葱、白菜、キャベツ、マッシュルーム、エリンギそして飾りにパセリ。
たまたま、野菜が揃っていたから、マァいいかな(笑)分からない中火で始め途中から弱火に。
部屋中が素晴らしい匂いに包まれた。
得も言われぬ、メチャ素晴らしい、いい匂いが・・・・・この世の物とは思えぬ香りだ。
で、自然と出来たスープを飲んだ!
なんだ!!!これは。旨い、美味い、優しい甘さのスープではないか。
ご飯を炊くのも良いそうだが米4合からの大きさで・・・・少し困っている。
c0233519_14472519.jpg

今夜は残をカレーにするかトマトスープにするか、嬉しい悩みだ。

じゃぁ~~ん!
新米を炊いたよ。何も付けなくってもメチャ美味しいご飯に感動。
c0233519_11265757.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-11-28 14:51 | 美味しいもの
2013年 11月 22日

神楽坂で美味しいものを堪能!^^

c0233519_13594143.jpg

朝散歩はうす暗く綺麗な色が出ないナァ。・・・・・

樹々が追いかけられる様に姿を展開している。同じコースでも毎朝景色が違うって楽しいもんだ。
昨日は神楽坂へ、日本蕎麦とガレットを食べに行った。
実のところ本当の目的は、東京厚生年金病院眼科の田邊先生に会いに(?)じゃなく診察を受けに行ったのだ。

親友も先生に会いたいと病院で待ち合わせしたのだが・・・・何故か、何故か、病院がめちゃめずらしく空いていて予約時間より早く検眼室に呼ばれ、次の診察も即 先生に呼ばれあれよあれよと。
「いやぁ~〇〇さん(私の事)に会いたかったヨ。ブログ読んで楽しくってサ、貴女って人物がよくわかった」と、ファンになってくださったとの第一声を戴いた。
ふふふ。じゃあ、チャランポランじゃ駄目じゃないと心をチョットだけ入れ替え本日の更新となったわけ。(何時まで続くのやら)

張り切っている私とは裏腹でアイホンからの画像がパソコンに到着しないの。何時もはiTunesのお陰でスパスパ送られるのに・・・しょうがないからメール添付で送ったら、何故か開けないのだ。(T.T)
だから日本蕎麦とガレットは画像無しで。FBにはアイホンから送れるから送りましたが。これも初めてやったからか、以前の似顔絵アプリまでくっ付いていて・・・・もう私のエネルギーが・・・・・・・・途切れそうなのだ。

日本蕎麦は享楽亭いう店で、石臼で挽き手打ち蕎麦、天麩羅がカラっとすっきり揚がって中々、蕎麦はここの手打ち冷麦が最高だった。
ガレットはラ ガゼット ドゥ ブルターニュという店で、古いから空調が悪く折角のガレットやハーブティーが少し可哀相に思えたな。味は違うものを食べてみたい、もう一度行ってみたいなが感想。
あっ、友とは薬局で出会えた。
c0233519_15161987.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-11-22 14:54 | 美味しいもの
2013年 11月 10日

魔法に出逢ったヨ♪

c0233519_10342687.jpg

最近ふたつのすご~~い魔法に出くわした。
そのひとつはフライパン。
フェイスブックで信頼している若手の医師のお勧めで魔法のフライパンを知った。サイトに行き、じっくり精査し注文!
30ヶ月待たねば我が家にやって来ない。・・・・・・・・そうです、あのバーミュキラの鍋は12ヶ月ぐらいだからもうじき届くが。
日本の誇る職人さん達の手技から生まれる台所用品なのだ。
まぁ、サイトに行ってご覧ください。日用品は使用頻度が多いからその道具ひとつで、我が腕前の料理が何ランクも上がるなんてステキじゃない!楽しみだぁ~~。

もうひとつの魔法は昆布
関東の人間なので昆布は、おでんに入れたり鍋とあと寿司米を炊く時ぐらいしか使用して無かった私。
が、やはりフェイスブックで知った
「昆布おじさん・喜多條氏」。昆布への愛情は尋常でない深い熱い情熱が湧き出ている人物だ。
彼から毎日フェイスブックで、昆布情報を戴いて、昆布世界に入門したわけ。
身体にとても良い。排便も昆布に包まれ凄く楽。(別に便秘じゃ無いけど、気持ちよく・・・・ですな)血圧にもいいみたい。で、毎日1ミリカットの昆布で作る昆布水=魔法の水なのだ。
日本酒に投入も、乙な味の酒に変身する(笑)
最後に魔法じゃないけど珍しい鳥さん登場
c0233519_11183880.jpg

アオアシカツオドリだって。愉快なアンヨだね。
[PR]

by kumykokona | 2013-11-10 11:22 | 美味しいもの
2013年 10月 04日

宣伝カーとFRINGEの話(何の関係も無い)★この車の名称が!アドトラック、とかハニートラック

c0233519_10332370.jpg

街中をこういったトラックが走っているのをよく見る。宣伝カーだ。
夏の初め頃、林の様な木立を切り出しアッと云う間に駐車場が出来た。ここは木立が気に入っていた散歩コースの一つだったが、駐車場じゃつまらないからコースから外した。ちょっと用事がありその駐車場を横切るとフェンスが張られ鍵の付いたゲイトが出来ていた。中は覗けるが入れない。で、朝散歩にもう一度そこに行くと、たくさんの大きな宣伝カーが並んでいた。AKB48(女性アイドルグループ)やLINE、ライザップ、そうだパチンコ屋もあった。そう云った喧伝カー専用の駐車場なのだ。
ある日そこの鍵を開けている男性がいたので「すみません!この車って何か中に載せて運んだりしてるんですか?」と聞いてみた。「何も載せてないないです。枠に写真を貼ってあるだけです。」

空っぽの車が、街中をただ走って排気ガスをばら撒き、燃料だって高騰しているのに?????
わけがわからない世界を垣間見た私。イタズラされないように鍵をかけ周りを囲っている駐車場。そうだ、梅、椿、桜、くちなしもあった林を壊して・・・・・

本日ここまででいいけど、またしばらく他に面白い物が届いたので・・・・・・
ブログから遠のきそうで、その面白い物の紹介をする。


J.J.エイブラムス監督の全米大ヒットドラマFRINGE(フリンジに嵌っている。
ちょっと若手の友人がDVDを(最近値段が安くなって来たからだとか)配給してくれた。
シーズン1を貪る様に、薬中のごとく、のめり込み観た。で、昨日シーズン2と3を入手。またも何も手につかずトップリ浸かる生活が再開する・・・・・・・・・・・

タイトルの「フリンジ」は英語のFringe science に由来している。日本語だと「疑似科学」「非主流科学」で、科学と認められないものの研究を指す。
しかし面白い発想と展開で鑑賞する人間を(私)振り回すのだ。
さぁ~!今から振り回されるぞ~~~♪♪

[PR]

by kumykokona | 2013-10-04 11:30 | 趣味 ”映画鑑賞”
2013年 08月 05日

逢わなくても心が通じる

恒例の母のマンションで「盆踊り会」があった。
c0233519_15523090.jpg

マンションの名物、例の女優さん(有馬稲子)は今回ゆかた姿でなく洋装だったようだ。
孫たち三人も初参加で、
母は曾孫に囲まれご満悦  一歳三ヶ月のハンサムボーイもおNEWの靴を履いて、上手にアンヨを披露した。

c0233519_163154.jpg

今週はブログで友人になったラヴさんが、お勉強で上京する。(私とはナポリマニアに舌鼓を打ちに行く事になっている。)
ブログの不思議さ、フェイスブックの繋がりといったWeb友って中々おつなもんで・・・・・ほぼ日常の側面を知っているから、昔からの友とは一味違う友情が湧く。ブログを止めてもフェイスブックで毎日何気にと、いった友もいる。
札幌の姫ママ、いわき市のぴよママ大阪のだいちゃんチャッピ君の飼い主さん。沼津で富士山のチャメさん。

お目にかかったのは、今回のラヴさんだけだが心が繋がっているって嬉しいもので、老後には最高な友だ大切にしなきゃって切に思った。
ですから、ボツポツですが更新しますね(笑)
[PR]

by kumykokona | 2013-08-05 16:38 | パソコンの世界
2013年 07月 04日

ひさびさのチャッピ君だよ♪

c0233519_1482544.jpg

ぐらんまさんの孫がこのブログのファンになり更新を催促。
で、ボクの出番になった。

今流行りの「怒った顔」を楽しんでネ。
c0233519_1412153.jpg

そ、そんなに怒らないでヨ。ボクより凄いヤ。
えっ?違うの?

c0233519_14151522.jpg

だ、・・・・・そうだ。
c0233519_14164366.jpg

寝んねの顔・・・・これが普通だそうで(可愛いね)
c0233519_14185696.jpg

何で俺が後なの?一番に出してヨ。
ご、ごめんナ。次回は一番に載せるように頼んだから(汗)
c0233519_14224722.jpg

おまけ猫柄だよ~~。
じゃぁ、またネ~~021.gif
[PR]

by kumykokona | 2013-07-04 14:29 | 猫の事
2013年 06月 11日

白内障の手術

c0233519_10245187.jpg

当年87歳の母が白内障の手術をした。(正確には今回は右目だけだが)
執刀医は、あの私の眼を開眼してくださった
田邊樹郎先生だ。
近所の眼科で白内障の進みを遅くする目薬を処方されていたが、どうも調子が悪く田邊先生に診てもらった。
で、今回手術となったのだ。
物を大切にする彼女は、後生大事に仕舞っておいたタオルが畳み皺じゃなく畳み染みで色が変色しているのも、この眼の病気のせいで分からなかったみたいだ。洗濯のし直し(これは私の役目)。病院に入院も幸いかな何十年も無く、すっかり舞い上がってしまい、遠足に行く幼児の様で補佐役の私はもの凄~~く大変なお役目を課せられた。
白内障は80歳以上になるとほぼ全員が罹っているらしい。不便を不便と意識せず、よく見えないのは年のせいと済ます人も多いらしい。母の様子から先生と話し合い、一遍に両眼の手術はやめて片目づつにした。
入院は一泊。
なのに・・・・あれもこれもカバンに入れたがる母に何度も「一泊だよ。」「すぐ帰ってくるんだヨ」と連呼したが、持って行きたいらしい。荷物持ちは私だ。

c0233519_1153897.jpg

バスに30分、電車に1時間近く乗りはるばる病院へ。
病室は6人部屋を先生が一泊だからと取って下さった。内科と一緒で今回眼科は母ひとりだった。年をとった女性の部屋らしく、ボケた方もいて千差万別の闘病を垣間見た。何回も入院生活をした私は少し懐かしく思えた不思議な自分にしばし躊躇して・・・・・

手術中は待つ部屋がある。たくさんの家族がソファーに伸び切ってダウンしていた。大きな難しい時間もかかる手術を待つのは、もの凄く辛いものなんだろうと実態を見て知った。何年か前の私の手術の時の、娘と親友のタトマエさんの様子が今頃分かったわたしだ。病院は別世界だが現実なんだと妙に納得した。
c0233519_11285775.jpg

昨日、退院後初めての外来診察があった。
いつもの街が別の街に見えるようだ。子供のようにキョロキョロして嬉しそうに眺めている。そんなに見えてなかったのかと逆に驚いた。(笑)

[PR]

by kumykokona | 2013-06-11 11:42 | 身体について
2013年 05月 03日

十割蕎麦と日本酒にはまって♪

c0233519_1053781.jpg

フェイスブックで知り合った、十割手打ち蕎麦屋・宮川氏の店へ遊びに行った。
久々の夜の街はサラリーマンが、甘いものにたかる蟻の様に立ち呑み屋に群がっている。
c0233519_10591537.jpg


初めてのご対面だったがFBは顔写真があるので、何回か通ってる店主のような気がして・・・ただ、実物のほうがお若くて後ろから年いったもう一人が出てくるんじゃないかと勝手に思ったわたし。
十割蕎麦を打つのは非常に難しかったわたし・・・腕と蕎麦粉に問題が。と、いいわけが先行してたなぁ。
ソバリエ宮川氏から貴重な情報を戴きその問題解決が見えた。
ここ
「御清水庵 宮川」では越前(福井県)の歴史を重ねた原種蕎麦粉が入手できるらしい。蕎麦粉の性質が十割にむいているのだ。
深い蕎麦のかおりと、ストンと力を抜いた素朴な味に何も付けずひたすら一枚を食べてしまった。
c0233519_1124896.jpg

旨い。
難を申せば製麺機を使いの切りで・・・・これが少し味の奥行きを阻んでいる。しかし、旨いは蕎麦だけじゃなかった。
その昔(バブルの頃)日本酒の利き酒会や飲み歩き会をしていたわたしが忘れていた世界をトントンとノックをされたのだ。ここの日本酒、いや2000年代の日本酒は変革していた。
その昔はフルーティな味と切れのある辛さが持て囃されたが、ここで飲んだ酒は味に対する次元が違う。まぁ、いつものフレーズになるが、メニューじゃ味が分からない。リンクに入って酒の銘柄もチェックして飲んで下さい。
[PR]

by kumykokona | 2013-05-03 11:59 | 美味しいもの
2013年 04月 26日

嬉しい宅急便

c0233519_1129512.jpg

この池の近くに例の二羽が放浪している。
反転させ池の中に住んでいる「鯉のぼり」をアップしようと思っていたが、それより凄い物が届いた。

じゃ~~ん!駿河湾興津のしらすだ。パルパパからのプレゼントだ。
c0233519_1135689.jpg

お礼のメールを打ちながら、お行儀悪い私は齧り付いてワンパックをペロリと012.gif

さてハンサムボーイは初節句だ。
大きなお口に
歯が生えた
それを撮ろうと狙ったが・・・・・・
c0233519_11424267.jpg

瑞々しいお涎があふれている・・・しか撮れなかった。
[PR]

by kumykokona | 2013-04-26 11:47 | 美味しいもの