タグ:心の入口で ( 37 ) タグの人気記事


2012年 04月 17日

頭の活性化 (よんの会)

c0233519_1642894.jpg

またもカメラ無し、アイホンで撮る事も忘れのドジな私を嗤ってくだされ。
年四回の俳句勉強会が無事に済み、打ち上げはいつもの手打ち蕎麦家東吾で旨い蕎麦と熱燗を楽しんだ我等。
なのに・・・写真が一枚も無いとは・・・
で、恒例の短冊も今回は書き手の方がお休みで次回へと。

・・・・・最近は母相手の会話ぐらいしかなく私の頭は老人モードへと移行中・・・で、かなりヤバイ状態だ。救ってくれた俳句の仲間たちつんつんと固まりツツの頭脳を刺激して ”今”に引き戻してくれた。あぁ~、年四回じゃ駄目になる~~かも。

4月2日の「よく噛む食事」の窓ガラス雲を詠んだ。先生から〇を戴いた。
ビルの窓 春風連れて 雲覗く
c0233519_173007.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-04-17 17:33 | 俳句
2012年 03月 29日

どこまでも衝撃な花束

c0233519_14435572.jpg

二年ぶりの再会。

いわゆるブロ友の彼女が遠路はるばる金沢から来てくださった。私がべた誉めするイタメシへLet's Go。
その彼女の 素晴らしいおみやげがこの花束で

そして彼女は右側にある ”お気に入りブログ”の「お花に囲まれて」のラヴさんだ。
楽天からエキサイトに引越したのも彼女の存在が大きく作用している。
そして今回はもう一人このエキサイトで内容が濃いブログを重ねている友人もイタメシに合流した。
そもそもこのイタメシ屋の発見者なのだ。 「にっと&かふぇ」のyumiyaneさんだ。

このラヴさん・yumiyaneさん お二人は仕事の内容も酷似していて頭脳の良さもぴか一、創造性に長けた魅力のある熟熟女だ。こういった女性はなかなか簡単には見つけられない。ましてや知り合いになるのは難しいと思う。私は運よく(?)このお二人に付き合って貰っているわけで・・・
c0233519_15424913.jpg

で、夕べはチョッと遅く布団に入ったが、朝早くからこの花たちの気配に起されてしまった。
花は心の棲家なんだと・・・
次回はそのイタメシ屋の美味しさをお知らせするね。
c0233519_1604362.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-03-29 16:04 | 心の居場所
2012年 03月 22日

骨のある奴

c0233519_1041508.jpg

空を舞ふオブジェが動くと知ったのはごく最近だ。
c0233519_1045794.jpg

もしかしたら春風に反応して動くとプログラミングされているのかしらん?

首が痛くなるほど、ひたすら見上げていると
自由になれる。
そういう目的で創られた作品なんだなぁ~と、妙に納得。

さぁ~~今日はどこまで飛ぼうか。


c0233519_10572516.gif

[PR]

by kumykokona | 2012-03-22 11:00 | 心の居場所
2012年 03月 07日

さあ、始めるヨ!(写真のエチュード)

c0233519_10253044.jpg

物を決まった範疇でしかみられなくなるって・・・歳とった証拠なのかしら。
あ~~でもない、こう~でもないと視点を変えたり、聴く耳をレーダーにして逆立ちして見直したりと努力を惜しまなかった  時がどこかへ行ってしまった・・・・・

c0233519_1046556.jpg

母の親友が老衰で亡くなった。
久しぶりに諦念のため息とも深呼吸ともいえぬ息をはきながら窓を見ていた。
母は「いつ死んでもいいよ。静かに死ねるのが一番。コロッとね。」と呪文のように云う。
神様を受け入れていない老人の淋しさなのだ。クリスチャンは神様のもとに行くのだから安心している。落ち着いていられるのだが・・・住んでいるライフケアにも何人かクリスチャンがいるようで「ほら、あの人あんたと同じアーメンだよ。」と、十字を切るポーズで説明してくれる。アーメンの意味を教えても「ふ~ん、そう。」でお仕舞い。クリスチャンを指す事としか認識してない。そう云う私はもっと母に神様の事を話すべきなのかもしれないが・・・信仰は他人から授かるものとは思ってないなぁ。

c0233519_11201512.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-03-07 11:24 | 悲しい痛さ
2012年 03月 02日

サルバドール・ダリ

まぁ、好きな画家のひとりでその昔展覧会などに足を運んだ。最近知らなかった
彼の作品と出会いうふふとほくそ笑んでしまった。
c0233519_11143727.png

それがこの絵。         「十字架の聖ヨハネのキリスト」
磔刑になったキリストが空高く十字架から我等を見つめている。
神は愚かな手に負えない人類の罪を我が息子イエスによって償わせ                  そしてお許しになったのだ。
ダリの故郷、カダケス近くの入り江ポルト・リガトが遥か眼下に描かれている。

信仰をどう捉えるかだが、私のクリスチャンなる態度は信仰から離れていると云う信者もいよう。ダリもきっと同じ様に疎外とパッシングに遭っていたであろう。この絵の                    イエスが私の信仰にピッタリマッチしているのだ。
常に遥か頭上で見守っていてくださる神に感謝して。
[PR]

by kumykokona | 2012-03-02 11:44 | 心の居場所
2012年 02月 29日

ドラゴン・タトゥーの女

c0233519_10204376.jpg

窓の外はとても明るく静かな美しさだけど安アパートの出入り口には怖い階段がある。
前回の積雪で階段から滑って全身ゾワ~~の痺れるような恐怖を味わった。
断捨離でスッコップも庭箒も無い・・・今日は一歩も外へ出なきゃいいかぁ。

c0233519_10461841.jpg

60歳以上になると何がいいかって映画を何時でも¥1000-で観られる事だ。
嫌だけど早く70歳以上で交通費などの割引も楽しみたいが、まずは大好きな映画割引で
今回はスエーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッドリメイクに興味を
持ったのだ。と、云うのも 「ソーシャルネットワーク、エイリアン3、セブン、ファイトクラブ」などの面白かった作品の監督デヴィット・フィンチャーだと云うことで・・・
単純に開始直後エライ眠気に襲われ、「やばい!このままじゃ千円損する」と焦った。
テンポなのか回りくどい説明なのか、困ったなぁ~、3時間近い上映で端から眠いとは・・・
人間の愚かな所を執拗に追う監督だがあまりにも単純で尚且つ深い「いきさつ」にため息を何度も吐きながら眠さは吹っ飛んでいた。     もう一度観る気は無い。セブンやファイトクラブの面白さは無い。でも、問題は有る。
[PR]

by kumykokona | 2012-02-29 11:32 | 趣味 ”映画鑑賞”
2012年 02月 10日

おだやかな時間

c0233519_13372823.jpg

とあるばっぱさんのお話に
「人は地位や身分に関係なく心の底から人に親切にすること、大切な教えは外さないこと、それが大事だと思います」とあった。
少し物事を斜めから見たくなる私、大いに反省。
水面の上も中も底も静かに眺める心をキャッチせねば・・・
[PR]

by kumykokona | 2012-02-10 13:47 | 心の居場所