ぐらんまさんの日々

kumykokona.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旨いもの ( 51 ) タグの人気記事


2013年 02月 04日

チョコレート♪

c0233519_19511628.jpg

バレンタイン用のチョコを、年末に知ったイタメシ屋D'OROへ買いに行った。週末、2月14日生まれの我が俳句の師匠、そして蕎麦打ちの我が弟子である爺さんの誕生会に持参するプレゼントだ。当年87歳。
イタメシと云ったらナポリマニアが日本一と思っている私。しかしこのD'OROも真面目な日本人が作るイタリア料理で、その真面目さが旨い。
c0233519_2061324.jpg

本日のランチの中に牡蠣と牛蒡、きのこをアンチョビとクリームでまとめたパスタがあった。旨い。ボリュウムがあったがひたすらパクパクと食べてしまった。ナポリマニアは生粋の江戸っ子的イタメシでこねくり回しが無い。ここD’OROは手の込んだ日本風イタメシかな。ドルチェの菓子は最高だ。
先週友人とナポリマニアのランチに行ったが相変わらず混み込みで並んでいる店だ。値段も安いからか・・・
DORO一回でナポリマニアは二回食べれる(笑)

c0233519_20185244.jpg

ナポリマニアのピッザだ。

海老蔵、いや団十郎さんまで亡くなった。
我が娘の七五三の際、目黒区にある大橋の氷川神社でこの家族と我が家族が偶然一緒にお祝いをしたのだ。
今、思えば煩いマスコミも来てなかったわ。神社の石段を上って行く目の前の女性の着物と帯が、中々良い柄いきで着物好きの私と姑は「おやぁ~~」と、顔を見合わせ、次の瞬間その隣にその頃「ういろう売り」を歌舞伎座で観たばかりの海老蔵がいるではないか・・・・大きな声は出せず、しかし七五三よりもミーハーな我らはファンの姿になっていた。息子(海老蔵)は五歳の祝いだったのだろう。

しかし最近神の携挙が確実に進んでいる。人間として正しい生き方をしている才のある方をどんどんご自分の元へ引き上げてしまって・・・・・
[PR]

by kumykokona | 2013-02-04 21:03 | 美味しいもの
2013年 01月 15日

久しぶりの上野

c0233519_11262874.jpg

関東は雪に弱いと昔から言われている。その弱い雪に見舞われた。去年は2月末だったが・・・・
その前日は晴天で教会のセルの後、上野東京都美術館に友人夫婦と「いけばな池坊展」へと足を伸ばした。ありゃ~~とため息とも何ともの驚嘆に襲われた上野の森は、連休も拍車をかけたか「ツタンカーメン展」への見物客の長蛇の列だ。大昔(と言っても前回なんだな)私は子供だったが並んで観た。それからエジプトでも観た。

c0233519_1154724.jpg

静かな春が佇んで、ほっと一息 ・・・・・花の安らぎを味わって。人出は喧騒を極める会場だったがやはり花はいいものだ。
この上野の前日は友人の奢りで大好きなナポリマニアへ行った。
連日のお出かけが問題なのか、それとも今朝の雪かきが問題なのか両方が問題で、痛い痛い腰と臀部に身動き出来ないでいる。で、ブログアップに繋がったのだろう。(笑)
c0233519_12112410.jpg

[PR]

by kumykokona | 2013-01-15 12:18
2012年 12月 31日

柚子切り蕎麦を打って。

道具を置いてある友人宅で、今年は柚子切り蕎麦を7年ぶりに打った。家の中が柚子の香りで充満し、それはそれは癒しのアロマみたいで全員ウットリ状態に突入。
c0233519_1783091.jpg

本来、蕎麦粉は御膳蕎麦粉を使い柚子の色と香りのみを楽しむものだが、喉越しのみの蕎麦に魅力を感じない私は挽きぐるみ粉で打った。で、この蕎麦は遊びにそばつゆでなく日本酒をタレ代わりに食べる楽しみ方がある。
さてさて、蕎麦打ちは
を使う・・・・・三回打っているうちに例の右足がメチャ痛くなってしまった。腰と繋がっているを実感してしまったわけで・・・・・来年は早々整形外科の療法士のもとに駆けつけるのかなぁ~~
[PR]

by kumykokona | 2012-12-31 17:28 | 美味しいもの
2012年 12月 11日

沢山の知り合いが旅立ったなぁ。

c0233519_1331836.jpg

腰が痛い、重い。経皮沈痛消炎テープをベタベタと貼っている。
先週水曜に7ヶ月になった孫(ハンサムボーイ転じて朝青龍)を三時間ほどシッターした。ずっしりと重いけど可愛いのでチョコと、チョクとたくさん抱っこを。その夜は左腕、右の背中が張ってテープをペタペタ貼って寝た。

c0233519_13471527.jpg

三日後の土曜日に 「ガイドと共に都筑を歩こう」に参加して10キロ程テクテクしたが・・・・山道や階段、斜面が腰にズンズンと来て自分がこんなに重い重い身体だったのかと驚いたほどで。
で、この土・日曜日は ”蕎麦打ち”をした。(腰に追い討ちを・・・)
昔の生徒さん3名、新人2名に手ほどきを。

前回は去年の年末に、年越し蕎麦を打っただけ・・・・・・初日の日曜は何を自分がしてるのか、記憶と身体が相談してて一向に巧く旨いいい状態の蕎麦にはならなかった。唯一素晴らしかったのが新蕎麦の香りで抜群だぁ。
うまい!!
c0233519_1434157.jpg

月曜は新人の生徒さんが来るから、手ほどきが「初めの一歩」からなのでレクチャーを兼ねて2回程独りで、もくもくと蕎麦打ちを早朝にした。
c0233519_14101277.jpg

こういった何日間は、何時もボ~~トしてて歩く位が運動の私にビッシと鞭を入れてくれた様だ。
今日の腰?
う~ん、まぁ、いいけど・・・年と共に筋肉痛って後から追い駆けてくるから不安だわ。


芸能人が亡くなってTVニュースなどで知らされても涙なんか出ないが、今回は沢山泣いてしまった。
歌舞伎役者は片岡仁左衛門(孝夫)の大ファンだが・・・・
中村勘三郎さんは舞台で私を泣かせた唯一の役者さんで、生まれ持った卓越した才能は天からのプレゼントだと思っていた。
踊り良し、演技良し、人柄良しが舞台を征服していたのだ。色気は優しさと舞台で教えてくれた。
真に残念。
[PR]

by kumykokona | 2012-12-11 14:35 | 心の居場所
2012年 11月 06日

古くからの友情

韓国からが来日した。もう彼女とは何年になるのだろうか?古い友達だ。
渋谷で待ち合わせ。早速ナポリマニアへ直行。
c0233519_11351377.jpg

韓国でも商売は難しいらしい。(全世界が低迷してるもんね)彼女と知り合った頃は日本がはるか前方を(韓国よりも)歩いていたが、今は下手すると韓国の方が先に行ってる。
しかし
こんなご時勢なのにナポリマニアの来客には彼女もビックリ!!もの凄い客が押し寄せているのだ。個人商店でここまで集客出来る店は、ソウルも東京も中々無い。
味よし、値段安くよし、サーヴィスよし、この三拍子がどんな時代にも最前線を生き抜く業なのだ。
渋谷と青山の狭間で決して良い土地ではない。ランチにと近場の会社員がチョッと高い(だって弁当は380円から500円で売ってるから)700円を出しても素晴らしい味を楽しめるテイクアウトに群がっている。
われらは店内で食べる飲み物付きの800円を楽しんだ。
食事を楽しむって最高ですよね。
本日のパスタはペンネだった。前回はフジッリ。何しろ粉がいいのだろう、この手作りパスタは旨い。韓国のスンネもこんなにいい味のパスタはここでしか食べられないと言った。
小さな店内に客も従業員も一杯で、でもって皆旨さに酔いしれ・・・・・・あぁ~~、近くなら毎日行く店だ。

c0233519_1283880.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-11-06 12:14 | 美味しいもの
2012年 10月 23日

思いっきり楽しんだ「旨いもの」

c0233519_10205052.jpg

     息出来ぬ 風を歩けば 曼珠紗華
年四回の俳句勉強会があった。またも大ドジでカメラを携えていながら一枚も撮っていない。前回もそうだった。もう、ボケに入ったのか???
日本蕎麦のメチャ旨い店を借り切って集ったのに・・・・・・もう、駄目だ。記念撮影を忘れるなんて。
何はともあれこの東吾の手打ちは最高な日本蕎麦なのだ。

ひょんな事から、来月蕎麦打ち勉強会(年取ると勉強が好きになるのかしら?)を友人宅で開催する運びになった。日本橋に住んでいた頃は ”蕎麦打ち、飲み食い教室”を開いていた私。生徒さんもかなりいたし、あの頃の蕎麦打ちの腕はまぁ自慢できたが・・・・・最近は打っていないからもう駄目だ。なのにあの頃の旨さを忘れられない友人や生徒達は私の腕を妄信していて・・・・・・・・あの頃の旨さを期待しているのだ。困ったなぁの私、淋しい私、悲しい私なのだ。
c0233519_10513584.jpg

連日遊び歩いた私は親友と絶対外せないナポリマニアのランチに帰宅途中足を伸ばした。
もう!最高だヨ。こんなに旨いイタメシは無い!
ランチだから ¥800-でパスタかピッザ、それに前菜の色々を選べ飲み物も付く。ジーノが不在だったがマリオがその前菜を二人が喧嘩しないように、おまけも沢山入れてくれて嬉しい心使いをしてくれた。店の前は大勢のファンが並んでいる。何故か私たちはタイミングよくスルリと入店できた。
嬉しい私は調子に乗ってFacebookに、今ここにいるよとチェックインを投稿したらブロ友の ”ラヴ”さんが、拗ねた羨ましがりのコメを入れてくださった。きっと逆だったら私はギャ~~ギャァ~コメを入れたと思うわ。
それほど旨いのサ。

[PR]

by kumykokona | 2012-10-23 11:19 | 美味しいもの
2012年 09月 03日

梅ちゃんの梅干オリンピック

c0233519_10263717.jpg

全国梅干コンクールで最優秀賞受賞した日本一の栄冠梅干が送られてきた。
堀北 梅子さんはパルママのおばさんで梅の木の育成から手がけている。
もともとこの私、梅干を見ても頬っぺたがジュワァ~としない。何故かって食べないからだ。ただ興津に住んでパル家と仲良くなると情報交換に「梅干」がそれも金メダルの梅干と聞いては、食いしん坊がピクリと動いた。
それからのファンで・・・・と云っても小粒を1~2食べるくらいで梅干好きの友人や母には怒られる。冬場は焼酎のお湯割りに梅干は乙な物で最高なんだなぁ。昔ならではのチャンとした梅干の味で、変に甘い梅干モドキとは違う。


さて、今朝は気持ち良い風に包まれ気分よく散歩していると・・・・・野菜の直売所近くの道に何やら倒れている。初め野良さんかと思ったが近づくと タヌキ ではないか!でもうあの世に旅立ってしまっていた。私はいったい何処に住んでいるのか・・・・自然が隣合わせらしいが複雑な気持ちに陥ってしまった。直売所のファーマーいわく「結構タヌキは住んでいるがコジュケイは最近声を聞かないなぁ~」ですって。
ニワトリ騒ぎも下火になって淋しい私だ。

c0233519_11101419.jpg

[PR]

by kumykokona | 2012-09-03 11:12 | 美味しいもの
2012年 08月 18日

オメガ(ω)3  αーリノレン酸

最近夕方散歩で富士山に再会できた。
c0233519_1453436.jpg

例の孤高なニワトリは住居をベンチの下に移動したみたいで・・・夕方だから寝ている。
c0233519_1458442.jpg


さて仲良しの友が、三度も頭の病気で手術をしあの世から戻った私に勉強した知恵を授けてくれた。
タイトルのオメガだアルファだナンダぁ~?が
知恵である。
c0233519_1584018.jpg

α(アルファ)-リノレン酸は血液中のコレステロールや中性脂肪のレベルを正常な状態に保つのに不可欠な油だ。このαーリノレン酸不足によって血圧が上昇したり血栓が形成されれば心臓病や脳血管障害が起きる可能性が大なのだ。ここでこの油の説明はリンクの方が良く分かるので興味のある方は是非、ぜひ最期まで読んでくだされ。
有機フラックスシードオイル(亜麻仁油)でドレッシングを作り野菜にかけると今までに無い旨いサラダが味わえるってわけ。身体にいい食べ物のやさしい旨さだ。で、もってオメガ3系脂肪酸、n-3系脂肪酸っていったい何のこっちゃ?アルファーリノレン酸だって何じゃの世界なのに。
そうだ、もう一つトランス脂肪酸もあった。海外では規制されているのに日本では摂取量が少ないからと野放しの大問題だ。>マーガリン、サラダ油、マヨネーズなどに多くふくまれている恐い物。
最近(ここ十年)世界的に問題視され医者も勉強を始めたジャンルで、知らなかった私は大きな病気になったわけで・・・・生き返ったからには大きな声を出そうとブログに認めたが面倒なくらい難しい話で。
リンクをベタベタしたが血圧、中性脂肪、コレステロール、心臓など少しでも気になる方は読んだら為になりますぞ~。
[PR]

by kumykokona | 2012-08-18 16:01 | 身体について
2012年 07月 26日

土用の丑の日(7月27日)

この高騰の相場じゃ今年は、いやいやもう暫くは無理と諦めていたをひょんな事から食べる事ができた。
c0233519_15503749.jpg

友人の叔母さん経営のお店で原価を割ってのお値段で提供してくれたのだ。勿論、肝焼きも肝吸いも。
当年80歳の(はて最近、この年齢の女性に刺激される私だわ。)彼女いわく、店を開いて身体を動かす事が生きがいを満喫する秘訣なんだとか・・・儲けは二の次なんだって。ありがたい。もうメチャクチャな高値がそれこそ、うなぎ登りだそうでまともに儲けを考えたらやって行けないそうだ。
東武東上線のとある駅前といっても自宅兼店だから家賃がかからない。隣の喫茶店からの家賃収入でゆうゆう自適だそうで・・・・・羨ましい限りだ。
彼女の目の輝きはピカピカしていてとても80歳には見えない。
で、鰻はやっぱ暑い夏に食べる旨いものだと大満足した。
[PR]

by kumykokona | 2012-07-26 16:17 | 美味しいもの
2012年 07月 06日

「すっぽい」おじさんとの日・・・その1

c0233519_14123646.jpg

静岡市清水区の興津へ愛犬とその犬友パルのお墓参りに行ってきた。

c0233519_1416241.jpg

パルパパの家庭菜園の野菜を食べ、作っている人の人柄がとなって出る事に気が付いた。と云うのもほら、近所の野菜直売所も作者が分かる。スーパーや八百屋じゃどんな人が作ったか分からないじゃない。TVなどで”最高の味のトマト”OOさん作は直ぐに売り切れるなど放送し、その理由に作物にかける手間や土作りを紹介するが・・・・それが売れる旨さの全てでないと、今回近所農家人とパルパパを知っている私ははたと、気が付いたのだ。
パルパパのキュウリは優しくてまぁ~るい味がほとばしる。美味いのだ。近所の農家人のキュウリはもぎたてだから新しいが堅く筋張った味が顔を出す。お世辞にも正直者と言えない夫婦で・・・目にはお金が映っている二人だ。あぁ、TVでやっていたトマト作者もきっと人間が”いい奴”なんだなぁ~と会った事なくても売れる理由のひとつが分かる気がした。
泊めてもらったお礼のお追従じゃ無いからネ。
どんなジャンル、何であれ作品に表れる顔はその作者の心根の集大成で農作物も然りだった。そうそう、農作物と言えば東京に戻ってから頭の隅と口がしっかり覚えていて、もう食べられないのかと半ば諦めていたスルガエレガンスの”旨い”に再会できた。
c0233519_1581090.jpg

甘夏蜜柑の酸っぱい味が(パパいわくすっぽい爽やかな酸味に熟成した改良品種で品の良い甘さと酸味に魅了される。
必死になって重い重い荷物に振り回されながら・・・・そうやってエレガンスを7個東京に運んだ。
次回は新東名のサービスエリアを紹介する。
[PR]

by kumykokona | 2012-07-06 15:24 | 心の居場所