ぐらんまさんの日々

kumykokona.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 03日

病の錯綜。

c0233519_19325899.jpg

情報はパソコンを開けば検索でたくさん入ってくる。それをどこまで自分の現実とリンクするかが、これからの知恵だと今回は実感した。
と云うのもノロウィルス、インフルエンザ   
巷の大流行にかかったのではないかと大変な思いをした。

症状が悪い時は最悪を想像、想定、認定してしまう。小さな子供じゃ無いのに慌てて最悪の自分に、自分でしてしまう。すると、症状も何故か悪くなっていくではないか。(病は気からって言葉がある。)
で、本日日曜に人が沢山集まる所(教会)へ行きたいので昨日は病院へ行ったのだ。
お腹のレントゲン、血液検査
2月24日(日曜)からの顛末を日時を追って順に説明出来るメモを作成、持参した。
検査の結果と触診の医師の診断で、心配が無い事がわかった。すると、体調も何気に良くなったような026.gifまだ完全じゃ無いが安心から快方へ向かってる感触をGETした。
今週は法事、血液検査、高校時代のクラス会など目白押しのスケジュールが埋まっている。
良くならなきゃ!・・・・ね。
[PR]

by kumykokona | 2013-03-03 20:06 | 身体について


<< 「蕎麦打ち」から新しい先生が誕生      働く、チャッピのお友達 >>